復縁したいときにLINEを我慢する 送ると後悔する理由

別れそうになっている、若しくは別れてしまったパートナーが居る時、何度も連絡を取ろうとLINEを送ったり
長文を作成してLINEメッセージを送ってしまったりする方がいらっしゃいますが、
本当に復縁をしたいのであれば、こうした時こそこちらからLINEを送ることを我慢しなくてはなりません。

とはいえ、「我慢しましょう」と言って「わかりました」と返せるのであれば
我慢が必要なほど相手に連絡を取りたいとは思わないでしょう。

別れそうな相手にLINEを送りそうになった時こそ、思い返してほしいポイントをお教えいたします。
これを読んで、LINEを送ってしまった後に後悔することが無いようにしましょう。

相手は「未練があるなあ…」と感じてしまいます

「今の彼女が居るのに連絡が来ると、正直彼女に疑われたくないからやめてくれ!」と思う
「後腐れ無く別れたかったのに、残念だなーと感じる」

こうした意見があるように、男性の中には別れた相手からLINEで連絡が来ると未練を感じたり面倒臭がったり、残念だと思ったり…というように、負の感情を抱きやすくなります。

特に物事をはっきりさせたい男性の場合は要注意です。
別れたことで”関係ない関係”になりたい方が多いため、こうした男性に別れた後に連絡をするのはアウトです。

こうした男性と復縁をしたい場合には、あちらから「復縁したい」と言ってこない限りは難しいかもしれません。

「しつこい」と感じてしまう

振った(振られた)後に連絡をもらうと、面倒臭いや鬱陶しいと感じる方がいます。
別れた直後でも、2,3ヶ月開いた後でもそう感じる人はいます。

「しつこい」と感じてしまう方の多くが、あなたと交際をして別れた後、よくよく考えてみたら「嫌になってきた」「好きではない」といった感情を抱いている方が殆どとなります。
また、現在すでに別のパートナーが居る方の場合も、そうした気持ちを抱きやすくなります。

相手と復縁したいのであれば、こうしたマイナスの感情を抱かれるのは得策ではありません。
こちらから連絡を取る事は止めておくのが無難です。

「まだ自分の事が好きなのか」 パワーバランスを決めてしまう

もしも相手の方にナルシスト傾向や、日ごろからモテている人であった場合
あなたから連絡を取ることによって相手に「まだ自分の事が好きなんだな」と思わせてしまい
今後の関係性においてのパワーバランスを決めてしまうことになります。

相手の方が優位に立つことが決定付けられてしまい、あなたは自分の意見を通せる機会を失ってしまう事でしょう。

カップルや夫婦、男女の関係は対等(フェア)でなければ良い関係性は築けません。
どちらか一方が下手に出たり、「自分の方が上だ」と認識してしまえば、そこで対等ではなくなってしまい健全な関係を築くことは出来ません。

復縁をした後の事を考えるのであれば、こうしたパワーバランスを崩さない為にも
あなたから連絡を取る事は控えるのが良いでしょう。