工作の方法(一般的な流れ) ~別れ篇~

  • メインニュー
  • トップページ
  • 別れ・復縁工作とは
  • どんなお悩みですか
  • カップルの悩み
  • 別れさせたい
  • 別れを言われたが別れたくない
  • 別れたいのに別れられない
  • 彼氏・彼女の浮気をやめさせたい
  • 浮気相手から彼氏・彼女を取り戻したい
  • 別れた相手と復縁したい
  • 不倫の悩み
  • 不倫という関係が苦しい
  • 不倫相手と別れたい
  • 不倫(浮気)相手との妊娠
  • 不倫相手と結婚したい
  • 夫婦の悩み
  • 離婚の合意が得られず離婚できない
  • 離婚したくない
  • 浮気相手と別れてほしい
  • 浮気の証拠をつかみたい
  • 浮気慰謝料を請求したい
  • 夫婦関係を修復したい
  • 離婚した夫妻と復縁したい
  • 別れ・復縁工作流れ
  • 工作の方法(復縁工作)
  • 工作の方法(別れ工作)
  • 成功とは
  • 別れ・復縁工作の成功率
  • サブニュー
  • Q&A
  • 目安となる期間・料金
  • 業者の選び方
  • 他社との徹底比較
  • 復縁防止保証
  • お請け出来ない業務
  • 会社概要
  • マスコミ取材一覧
  • 弊社からのお約束
  • 会社概要
  • 全国支店MAP
  • 海外にお住いの方
  • お問い合わせ

工作の方法(一般的な流れ)~別れ篇)

①工作事前調査

ご契約時に頂戴した情報からターゲットの調査を行います。
<調査項目>
自宅環境調査(自宅立地条件・周辺住民など)
行動調査(出退勤調査・外出時立ち回り調査など)
交友関係調査(ターゲットが接触した人物など)
継続性のある行動の確認(同じポイントへの来訪など)
性質調査(食事などの習慣性や購入するものの系統、趣味など)
※これらを2週~3週にかけて調査を行い、工作ポイントの設定、計画、工作員選定を行います。

②工作員の接触

いよいよ工作員によるターゲットへの接触を開始します。
工作事前調査の結果を踏まえて、まずは印象付けなどを行います。
ターゲットの性質によっては、たとえ別れさせ工作であっても同性工作員にてファーストコンタクトを取る事が御座います。
同性工作員を使用した場合には、まずはパイプ役となり、後に登場する異性工作員が接触し易い様にお膳立てを行います。
基本的には、①の調査で判明した継続性のあるポイントにて接触を図ります。
それは、いきなりターゲットと親密な関係まで持っていくのは難しい為、何度か偶発的に顔を合わせても不自然では無い状況を作らなくてはならないからです。
その為、対象者が習い事をしている、接客業などの仕事をしているという背景があれば活動にはプラス材料となってきます。
ターゲットに対して異性工作員で接触を行った場合、その後は親密度を向上させる手法を用いて行きます。
同性工作員での接触から入った場合には、飲み会や合コンなどを企画して異性工作員に繋げるケースや、同性工作員の友人役として知り合わせるなど、状況に一番適した手法で望みます。

③ターゲットとの親密度の向上

ターゲットと異性工作員の関係を、短期間で一定の親密度まで上げなくてはなりません。
工作活動の山場の一つとなります。
ここで事前に頂いた情報や事前調査で判明した情報が役に立ちます。
いつも購入している食べ物や飲み物があった場合、工作員も同じ物が好きだという事に出来ます。
またターゲットのお気に入りや頻繁に訪れているショップやお店があれば、その話題などを組み込んでいきます。
また同性工作員などで接触済みのケースには、異性の好みや理想などを事前に聞いておく事によって、よりターゲット好みの対応が可能となり、ターゲットから見た工作員はまさに『理想的な異性』と映ります。
その様な綿密な計画や下準備の下、急速な関係進展を実現させます。

④別れさせへのアプローチ

別れさせ工作は交際中の男女の関係を別れさせるものとなりますので、ターゲットには必ず交際相手がおります。
その交際相手とターゲットを別れさせるのが最終目的となります。
①~③までの活動経緯から、ターゲットの気持ちがかなりこちら側に傾いてきている様子の場合には、一定期間ターゲットの自由な時間をこちらの工作員で独占する環境を作り、物理的に会わせない様に持って行きます。
また交際相手の状況にもよりますが、ターゲットと工作員がデートしている所を、交際相手に見せてしまうという形も御座います。
後々の証拠としてプリクラや写メなども事前に撮っておきます。
またターゲットが工作員に携帯電話を見られてもおかしくない状況を作っておきます。
(ターゲットが部屋でトイレに行っている時、シャワーを浴びている時など)
※この段階で成功してしまうケースも御座いますが、中には執着してくる交際相手もおります。

⑤別れさせへのダメ押し

交際相手に工作員の存在が伝わってもなかなか別れない場合には、交際相手に対して直接工作員がメールなどをする事も御座います。
事前にターゲットの携帯電話を見て交際相手の存在を知っていた、連絡先をメモっておいたという状況とします。
メール内容はターゲットと自分の関係や事前に撮った写メなどを送ります。
※流石にこの段階で成功するケースが殆どですが、稀にまだ執着してくる場合が御座います。

⑥別れさせへの完結

ここまで来てしまうと単に愛情がある訳ではなく、交際相手の心の問題となっております。
その為、交際相手に対しても工作員を接触させる事が御座います。
ターゲットよりも魅力的な異性工作員を接触させます。
暗く落ち込んだ気持ちを明るくさせる様に工作員は努めます。そしてターゲットとの状況を聞きだす事が出来た場合、別れた方が良いよというアドバイスをする事も御座いますが、逆に頑張りなよと応援する事も御座います。
すると交際相手は工作員を心の支えとして色んな事を相談して来る様になり、そのまま仲が進展すんる場合も有りますが、会って相談している状況(第三者からはデートにしか見えない)をターゲットに見せてしまうというトドメをさします。

⑦活動後のアフターフォローと復縁防止保障

①~⑥の活動にて別れさせが成功しました。
しかしすぐに工作員が居なくなってしまったら元サヤに戻ってしまう危険が御座います。
その為、完全なる別れを実現させるべく、暫くは工作員が継続してターゲットと接触を行います。
ターゲットのタイプにもよりますが、およそ半年位を目安に徐々にフェイドアウトして行きます。
しかし、もしもこのカップルが再び復縁してしまった場合、成功報酬をお返しする制度“復縁防止保障”を設けております。

別れさせ工作では、別れさせたい二人のどちらか一方に別れさせ屋工作員を接触させ、別れさせます。その際、特に依頼者様からのご要望が無い場合には、別れさせ工作員を接触させて最も効果が期待できる方を選び、別れさせ屋工作員を接触させます。しかし、御依頼者様によっては、「パートナーにこれ以上異性を近付けたくない!」という方もいらっしゃいます。そのような場合には御依頼者様のお気持ちを重視し、パートナーの浮気相手(不倫相手)に異性の別れさせ工作員を接触させるシナリオを作成致します。

また、復縁工作の場合は基本的にターゲットに同性の復縁工作員が近づきます。接触の流れはあらゆる情報を分析した上で決定しますので、高確率での成功をお約束いたします。そして、
ある程度の時間をかけ、信頼関係を築き心理的な工作を施します。ポイントとしては、ターゲットにどれだけ信頼されるかです。実績を積んだ工作員は、最終的な仕上げに入る時期を慎重に見極めます。更に担当者とのミーティングの上で最終段階へ入ります。

メールでのお問い合わせ電話相談の前にコチラを