先の見えない不倫関係は苦しい物です。

ご主人、奥さんを離婚させたい
自分と共に人生を過ごしてほしい

交際相手が既婚となると、普通のカップルのようには参りません。
問題解決に至るために越えるハードルの数も、高さも段違いとなります。

しかしその交際を成就させたいのであれば、やはり「離婚をしてもらう」しかないのです。
不倫関係のまま続けることが出来ればいいのですが、その関係をそのまま続けていたとしてもリスクは存在します。

既婚者との交際、その先を冷静に考えて、あなた自身の未来に光を当てましょう。

「不倫」とは

不倫とは、配偶者以外の異性と恋愛をし、性交渉を行う行為を一般的に不倫と呼びます。基本的には婚姻関係にある男女に限って使用される言葉であり、裁判問題に発展するなどのより深刻な状況になる可能性が高いものの総称と言われてます。

民法上では「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」が不倫と呼ばれます。

不貞行為とは、配偶者以外の異性との肉体関係があることを言います。
キスをする、手をつなぐ、抱きしめ合う、SNSで頻繁に連絡を取り合うなどの行為は、法律上、不貞行為にはあたりませんん。

しかし、だからといって既婚パートナーの配偶者からすれば気持ちの良い物ではありません。
もしも今、「この人は既婚者だから…どうしよう」と既婚者との関係を進めていくことに迷われているのであれば、下手なリスクは負わず関係を持つことは止めておくのがベストかと思います。

それでも既婚者の方との関係を深めたい、既に深めている方はどうぞ本コンテンツに目を通され、今後の展望についてを我々と考えて参りましょう。

不倫のリスク

既婚者との恋愛関係には明確なリスクがあります。
普通のカップルではなく、民法で定められた婚姻関係という「契約」によって守られている二人なわけですから、それを犯そうとすれば何かしらの罰は発生することになります。
当人同士が良ければ良いというものではない事を、まずはしっかりと認識しなくてはなりません。

そこで不倫関係におけるリスクについて、1つ1つ見ていきましょう。

配偶者からの復讐

不倫の場合真っ先に浮かぶのが配偶者の存在と、それに伴う賠償、つまり慰謝料です。
慰謝料を支払えば許されるわけではなく、高額な慰謝料を支払っても相手が離婚してくれるとは限りません。

不倫の慰謝料の相場は様々ではありますが、平均として100万円~300万円前後になってくるケースが多くなります。
また実際に離婚となった場合、お相手の家庭状況にもよりますが子供の有無によって養育費やその他新たな生活を保障する為の出費がかさんでくることになるでしょう。

配偶者からの復讐は、何も金銭だけではございません。
ネットには不倫関係への制裁として、さまざまな修羅場が掲載されています。
こうした過激な復讐はそうそうあるものでは無いにしろ、いつあなたとパートナーがそうした修羅場の主人公になるかはわかりません。
既婚者と交際するということは、既婚者側の配偶者やその家族も巻き込むリスクを負っているということを、認識しておかなければならないのです。
お二人で復讐を乗り越えられる!というのであれば問題はないかもしれませんが、どちらか一方の心が折れてしまえば、それまで通りの関係を続けることは難しくなるでしょう。

職を失う可能性

不倫の多くが社内で行われていることをご存知でしょうか。
社内で関係を持つことは、ほぼ毎日のように顔を合わせる事が出来て恋愛関係としては張り合いがあり、楽しいかもしれません。しかし同時にそれがバレた時のリスクも考えなければなりません。

そもそも不倫は「倫(正しい考え、道徳的)では無いこと」であり「不倫理」です。よって会社に関係がバレたとき、会社からの信用は大きく落ち、会社に居られなくなるケースが多々ございます。
それまでは隠せていたのに、解雇や退職に追いやられら当然家族や周りも不倫関係に気付くことでしょう。そうした場合、既婚のパートナーは職と共に家族からの信用、もしくは家族までも失うことになる可能性が高く、そうなった時の既婚者の心理的負担を考えなくてはなりません。

家庭の崩壊

これは独身の方にはピンとこないかもしれませんが、W不倫の場合は真剣に向き合わなければならないリスクとなります。
不倫がバレても許してもらえる家庭もあります。しかし多くの場合は相手側への慰謝料や復讐もあり、家庭内に居場所が無くなったり離婚を求められる可能性もあります。
こうなるともう円満な家庭が続けられるわけもなく、その時の精神的な過重は想像も絶するほどでしょう。
子供が居る場合には、子供との関係も破綻する恐れがあります。

それだけではありません。
精神的な負担は何もご自身のみにかかるわけではなく、家族全員にかかって参ります。
不倫は二人の関係だけではなく、家族も巻き込む関係であることを今一度認識する必要があるのです。

 

このように、既婚者と関係を持つ「不倫」には様々なリスクが発生します。
こうしたことを乗り越えて、本気で未来だけを見つめる覚悟が出来なければ、既婚者との関係を成就させるのは難しいと言えるでしょう。

相手の不倫本気度

既婚者パートナーがあなたに本気なのかどうか?
これは不倫をしている人ならば気になるポイントだと思います。

不倫関係を持つ既婚者は、その本気度の表れが男性女性によって変わって参ります。
ここであなたのパートナーの本気度をチェックしてみましょう。

パートナーが既婚男性

<デートするバリエーション>

不倫というと、夜にこっそりホテルで会ってことが終われば帰る、独身側の家に来て夜はきっちりと帰るといった、密室内でのデートが主になりがちですが、それを覆してくれるように外に出たり、2人だけの旅行に連れて行ってくれたりする場合には、本気度は比較的高いと考えられます。
「何がしたい?」と聞いてくれ、その希望を出来るだけ答えようとしてくれる姿勢があるのであれば尚更です。
あなたにどれだけ時間や思考を割いてくれるかがポイントとなります。反対にほとんどがセックス中心になってしまう場合には注意です。
誕生日やクリスマス、イベント時には会ってくれずに男性側の都合だけを押し通してあなたの気持ちに答えてくれないのであれば、それは身体が目的であるケースが多くなります。

また会った時に「奢らされる」や「小遣いが無くて」といった金銭的な面であなたに頼ってくるのも、本気度は低いと言えるでしょう。

<別れ際の反応>

「〇日は会える?」という相手側の問いに「その日は会えない」と答え、「何で?何があるの?」といったように、あなたの予定を気にするようであれば、あなたに関心があるという事です。
「会えない」といった言葉に対して「そうなんだ、じゃあ次はいつ?」といったように、あなた自身に関することではなく”会うこと”だけを優先するようであれば、それは残念ながら遊びである可能性が高いかもしれません。ポイントは「あなたの予定に関心があるかどうか」そのうえで「次の予定を立ててくれる」ということです。

<イベントなどを大切にしてくれる>

やはりクリスマスやお正月、記念日といったイベント時に会ってくれたり、予定を立ててくれる男性はあなたへの本気度が高いと言えるでしょう。
その分あなたを喜ばせたい、笑顔がみたいということに直結していくからです。勿論事情によっては家庭を優先しなければならない人もいるでしょう。しかしそれを繰り越したり後日になっても祝ってくれる人は、あなたとの時間を大切にしたいという気持ちが大きいといえるでしょう。

<メッセージの返信程度>

例えばある時間帯には集中してやり取りができるけど、休日や家にいる時間帯は一切連絡が取れずに放置されてしまうといった場合、家族を優先していることになります。
これも状況によって変わりますが、「妻とは仲が悪い」「家庭は崩壊してるから」といった事を前提にあなたと関係を持っている場合矛盾することになります。
もともとあなたと「まだ離婚は出来ないから暫くは気付かせたくない」といった話し合いが成されているなら良いのですが、そうでは無く、嘘をつかれているようであれば本気度は低いと言えるでしょう。なお、もともとメッセージのやり取りが苦手という人もいるため一概には言えません。
この項目で本気度を測りたいのであれば、男性側がもともとどの程度メッセージのやり取りをする人物なのかを見極めておく必要があるかもしれません。

<離婚を具体的に進めている>

男性は基本的に「不言実行」な方が多いです。
浮気が本気に変わった時、男性はあなたに何も告げずに離婚の準備を始めているかもしれません。
放っておいても妻に離婚話をしていたり、別居を実行したり調停をしたり、弁護士に相談を始める方もいます。
こうした方は、離婚に対してもあなたに対しても本気であることがわかります。口だけで「離婚するから」と何度も言っている人はなかなか信用できないかもしれません。
やはり「具体的に何をしてくれているのか?」が重要なポイントになります。

しかし、いざ離婚を勧めてくれたとしてもそれを急かしてはいけません。
男性が無言で始めたことは、静かに見守ってやり、相談があった時には一緒に真剣に考えてあげましょう。

 

パートナーが既婚女性

<素の姿を見せてくれる>

女性は化粧や服で自分を着飾ります。
しかし家にいるとき、つまりリラックスしているときは化粧を落として服も楽なものに着替えます。
それと同じように、あなたと居る時に既婚女性のパートナーが化粧を落とした姿で楽な服に着替えて、素の姿をさらけ出してくれているのであれば、それは本気度が高いといえるでしょう。

中には「だらけている」と受け取ってしまう方もいらっしゃいますが、そうではありません。
あなたと会うために着飾ってきたのに、それを取ってリラックスしているのであれば「あなたの傍では楽にしていいんだ」と認識したことになるのです。

<時間を気にしない>

子供が居る居ないにかかわらず、既婚女性は日々の生活に追われ基本的には時間がありません。そうした時間をやりくりしながらあなたに会うわけですが、時間を気にせずにあなたとの時間を楽しみ、別れるのを惜しみだしたら本気度が高いといえるでしょう。
女性は男性に比べて、物理的に一緒に居る時間を重要視します。一緒に居たいという気持ちの大きさ=あなたへの本気とといって良いでしょう。

また夫が多忙で家に居なければいないほど関係を持ちやすいということもありますが、女性の心理としては「家に帰ると一人で寂しいから」という理由で不倫をする女性もいます。そうした女性の場合は特に「一緒に居る時間」というものを特に重要視する傾向にあります。
女性側の環境にもよりますが、女性にとっての「時間」は男性の感じているものとは違うと認識しておくことが良いでしょう。

<ごまかしが下手になる>

女性は男性に比べて、嘘をつくのがとても上手です。しかし、やはり本当に大切な人、愛している人に対しては嘘をつきたくないものです。
例えば家庭も不倫も両立したいというのであれば、家庭に対してもあなたに対しても嘘をつくことを厭わないでしょう。すらすらと嘘をついて、ごまかして、女性ならば上手にやるものです。
しかし女性は同時に、純粋な生き物です。矛盾しているようですが、その矛盾こそが「女性」といえるでしょう。
本気になった相手に対しては誠実で居たいと思うものですし、嘘をつかなければいけない状況であっても言いよどんだり、誠実であろうと思う気持ちと上手にごまかさなければならないと思う気持ちがぶつかりあって、結果として「下手なウソ」になりやすい傾向にあります。
女性のカンは鋭いので試すような事はされないのが一番ですが、女性が帰る直前で「もっと一緒に居たい」といった事を伝えて反応をみたりするのも手かもしれません。

ごまかし方は人それぞれですが、人は嘘をついたりごまかすときに何かしらのクセがあります。そうしたクセを事前に見抜いておくのもポイントとなってくるでしょう。

<他女性との性生活についてを聞きたがる>

性に着目しだすと「身体の関係だけが目的なのか」と思いがちですが、女性の場合はもう一歩踏み込んで考える必要があります。
女性は女性に負けたくないものです。それは外見や内面だけではなく、性においても言えることなのです。彼女や奥さん、過去の女性たちとの性生活を超えて、今まで感じたことがないような体験、快感や、今まで経験したことのないような方法を与えようとし始めたら、本気の恋愛になってきたといえるでしょう。
悪く言えば女性は身体が武器であることを認識しており、よくいえば身も心もあなたの「最高」になりたいわけです。
好きだからこそもっと自分を感じて欲しい、溺れて欲しいと思うわけです。

そうした女性の行動を”下品”とは思わず、そこを本気度が上がってきたと捉えることが必要です。

<具体的な将来の話>

男性が本気になると、何も言わずに淡々と離婚の準備をし始める物ですが、女性の場合は非常に具体的な将来の話をしだすと本気度が高くなってきている証拠と考えられるかもしれません。男性が想像する具体性と、女性の具体性は大きく違っている事をご存知でしょうか。
例えば「離婚をするならば子供の養育費をどうする」「生活をするならば生活費をどうする」「保険の加入をどうする」といったように、女性のいう具体性は非常に経済面で地に足をつけているものとなります。
男性が想像する将来像は、車や家がどうで…といったものが主かもしれませんが、女性は金銭面や生活面での保障をまず先に考え、それを実行していこうとする傾向にあります。
口には出さずとも、そうした面での整理や確認を始めたのであれば本気度が高いと考える事が出来るでしょう。

不倫は夢ではなく、現実です。
女性は男性に比べて感情的で夢みがちで…といったイメージがあるかと思いますが、同時に非常にシビアな目で現実を直視します。
ここでも矛盾する女性の心をどれだけ認識し、それを考えていけるかが大切になってくるのです。

 

こうしたチェックを通してみて、あなたの既婚パートナーの本気度をある程度図ることは出来るかもしれませんが、やはり人間は嘘をつく生き物であり、例えば不倫に慣れている人にとってはごまかしも手慣れたものでしょう。
本気であることを装うことも出来てしまいます。

実際の夫婦生活や日常を垣間見ることでしか、相手の真実は見抜けないものなのです。

不倫成就の鉄則

不倫関係を成就させるためには、やはり過去不倫関係を終わらせて成就させた人たちのパターンを知ることが必要です。
過去我々が見てきた不倫関係の中でも、やはり必勝パターンというものは存在します。
実際に不倫を終わらせて「略奪愛」を叶えた人達の間には、どんな共通点があるのか、どういった鉄則があるのでしょうか。

夫婦関係が破綻している

既婚パートナーの夫婦関係については「話を聞くのもいや」「怖い」といったお言葉を頂戴することがありますが、夫婦関係について現状どういった状態なのかを知ることは有益です。
我々が頂戴した中でも、やはり夫婦関係が破綻している既婚パートナーを対象としたご依頼は非常に行いやすく、後々依頼人様の希望がかなって一緒になれたとご連絡頂くケースが多くなっております。

夫婦関係の破綻とは、法的に見てみると様々な項目がございます。
中でも「長期間の別居」や「DV」といったものは、第三者からみても夫婦再生の可能性は低く、また宗教や経済的な問題といった点も離婚をするうえで大きなウェイトを占めております。
こういった「夫婦関係の破綻」のうえで始まった不倫関係である場合、いざ離婚となった場合にも離婚が成立しやすく、略奪愛を叶えやすいと言えるでしょう。

既に夫婦関係が破たんしている場合、既婚パートナーの気持ちとしては配偶者への関心が低く、愛情を不倫相手に向けやすくなります。交際が順調なら、「このまま離婚して今の相手とと……」という可能性も高くなるということです。

自分の存在を隠している

不倫関係を続け、パートナーも離婚をする気持ちになったとしても、それを急かしたり「だったらもう堂々としても良いか」などと気を緩ませてはなりません。

パートナーがその気になって、以前よりもますます配偶者に対して愛情が薄れているとはいえ、一度は結婚までした相手です。
簡単に「離婚してほしい」「他に好きな人ができた」とは言い出し難いものなのです。
こうした心理としては、配偶者に愛情が無くなったことよりも「配偶者を裏切り、配偶者よりも好きな人が出来た」事実が後ろめたく、責められることが怖いのです。
いざ離婚になったとしても、不貞であることが配偶者にバレてしまえば慰謝料請求の覚悟もしなければならず、既婚者側の覚悟は相当なものとなります。
そうした停滞に焦り、あなた自身が出ていってはいけません。

こうした状況で不倫相手であるあなたの存在が明るみに出るということは、パートナーの「家族を裏切った」という気持ちに追い打ちをかけることになり、配偶者の家族にとっては夫(妻)の「裏切り」という行為が実体化して目の前に現れる訳ですから、総合的にみてあなたは「負のイメージ」となるわけです。

停滞していたとしても、そもそもが破綻していたりパートナーが配偶者に対して愛情が無ければ「放っておいても離婚をした」のかもしれません。
しかしあなたが明るみに出る事によって事態をより複雑化し、離婚できる状況だったのに、逆に離婚し難くしてしまう可能性もあるのです。
妻であれば「他の女には絶対に負けない!」となるでしょうし、夫であれば「妻の不貞は許さん」となるわけです。

不倫関係はそもそもが一般的には認められない関係です。
「日陰の存在」とは申しませんが、パートナーの離婚が成立するまでは可能な限り慎ましやかに、弁えてパートナーに寄り添うのがベストです。

とにかく相手を支える

離婚経験のある方ならばわかりますが、離婚はとんでもないエネルギーを使います。
「結婚」はパートナーとの輝かしい未来が待っていますので、それがエネルギーとなり前進する力をくれますが、「離婚」は逆で、待っているのは家族関係の整理や金銭面での整理、保障や終わりの見えない話し合い、どんなに明るい夫婦の離婚話であっても楽しく円満に離婚が成立する夫婦は居りません。

先にも記述した通り、パートナーはどんなに配偶者に愛情が無いとしても一度は自分が選んだ配偶者を、そして家族を「裏切っている」訳です。
その罪悪感は簡単に振り切れるものでは無く、パートナー自身がその罪悪感と折り合いをつけて乗り切るほかないのです。
その期間を「早く離婚して」というように急かしたり、相手を試すようなことをしたり、パートナーの負担が増えるような行動をしてしまったら、あなたの価値が落ちてしまいます。
パートナーが離婚を決めて動き始めたら、ただひたすらあなた自身は耐えてパートナーを支えてあげることが必要です。

今までさんざん耐えてきたというお気持ちがあるとは思いますが、これが最後の我慢と思い、パートナーが何かを相談してきたら真剣に話を聞き、泣き言を言ってきたら慰め癒してあげましょう。

未来だけを見る覚悟

パートナーを支えると同時に、あなた自身は未来を見据えて明るいイメージを保ち続けなければなりません。
例えパートナーが離婚できたとしても、パートナー自身には長いこと「離婚した」という気持ちが続くことになるでしょう。それを払拭出来るくらい「愛した人と一緒になれるんだ」と思わせて、離婚後の生活に明るいイメージを持ってもらわなくてはなりません。
何故なら、離婚後の明るいイメージこそが離婚成立への原動力になるのですから。

そうした状況において、あなた自身が焦ってキリキリしたり、例えば慰謝料請求や周りからの嫌がらせや揶揄があったとしても、それを前向きに乗り切る覚悟がなければ不倫関係の成就は難しいでしょう。

不倫関係を結ぶ既婚者は、不倫相手に癒しや楽しさ、夫婦生活に無いものを求めて関係を持ちます。しかし不倫関係を終わらせて「普通のカップル」「普通の夫婦」にいざなろうとした場合、あなたと一緒になる事で「同じことが繰り返されるかもしれない」と少しでも思われてしまったら関係に亀裂が入ってしまいます。
そうではなく、あなたと一緒になる事で「今までとは違った男女関係を持てる」「これまでとは違った家庭が築ける」というイメージを持たせなくてはなりません。

その為には、あなた自身はひたすら未来を見て、パートナーの前では明るく朗らかにしていなければならないのです。

離婚案件事例

■既婚男性と幸せになりたい 離婚してほしい

既婚男性との交際歴1年半、ご自身も年齢的に適齢期ということで既婚の彼とこのまま交際を続けていくべきか、別れるべきかという段階からご相談を頂きました。
相談員と2回、3回と相談を重ねて「やっぱり彼と一緒になりたい」というお気持ちを固めて、ご夫婦の離婚をご依頼となりました。
お持ちの情報を確認したところ、配偶者(奥様)の情報は一部しか無かった為彼の住所から調査を開始、奥様の情報をこちらで集めてからの工作となりました。

こちらの工作員は、若めの奥様に合わせて一緒に楽しめる、空いた時間を埋められる相手として男性工作員を選出、結果として奥様の時間を工作員に使わせていくことに成功して夫婦間に亀裂を入れる事に成功しました。
もともと夫婦関係に亀裂が入っていた様子で、工作終了後から彼は物理的に奥様とは距離を取る別居へと進んでご依頼人様との関係もどんどん進展していきました。

3ヶ月のアフターフォロー期間中は、ご依頼人様が彼にどう接するのかを我々でサポート、定期的にカウンセリングを行って彼との今後の為にどうしていくのかを話し合ってまいりました。
それまで一切明るみに出ていなかったご依頼人様はその状態を継続され、彼を支えながら表に出られない自分との葛藤を乗り越えられました。

我々のサポートは「離婚まで」という果てしない期間継続することはあまりございません。
何故なら「離婚成立」はその夫婦のタイミングであり、離婚を成立させるためには経済的な面や生活的な面の問題をクリアにしなければ成立しないからです。それにかかる時間は夫婦それぞれであって、一概には申せません。
よって〇ヶ月で離婚までを保障といった事を、我々は申し上げる事が出来ないのです。
そうした点をご認識頂き、ご依頼を頂ければと思います。

しかし我々は案件が終わればご依頼人様へのサポートを終了するということはございません。
アフターフォロー期間が終了しても「以前依頼をしていた〇〇ですが…」といった形でご相談を頂戴することもございます。
そういった場合には、無料でご相談をお伺いしてアドバイスさせて頂いております。
中にはこうした依頼後のアドバイスで離婚まで辿り着き、無事ゴールインしたという喜ばしいご連絡を頂戴することもございます。

全てが綺麗に成功するわけではございません。
しかし、今の状況を動かしたい、今よりも少しでも良い環境にしたいといったご依頼人様のご希望に可能な限り沿えるよう、我々は日々活動をしております。

 

■既婚女性を離婚させたい

交際している女性が既婚女性であることが発覚し、離婚をさせて正式的に付き合いたいというご依頼を頂戴しました。
女性は「離婚を考えているから」「主人とは仲が悪くて家庭内別居」といった説明を受けているとのことで、今の状態からさらに夫婦間に亀裂をいれて離婚がしやすい状況を作るといった内容で工作を進める予定となりました。
しかしいざ工作が開始されましたが、既婚女性であった為依頼人様に教えていた情報が嘘まみれということが発覚、ご依頼人様と改めて相談をした結果0から彼女を調査することから改めて開始することになりました。

依頼人様と会う日を選んで、依頼人様と別れたタイミングから女性の調査を開始、すぐに本当の自宅を判明させることが出来ました。
その後平日や休日の女性の行動調査を行いましたが、依頼人様に定期的にこちらから女性の行動を確認するような内容でメッセージを送っていただき、実際の行動と照らし合わせる事数回。
女性は依頼人様に何度も嘘をつき、さらには家族仲も大変睦まじく「家庭も不倫も両立」している状態であり、依頼人様との未来を考えるといった雰囲気とは到底かけ離れたものでした。

それをしった依頼人様は、女性の実態をみて依頼を中断。
徹底した女性の調査のみで終了となりましたが、依頼人様は「真実を知れてよかったです」と仰り当社を後にしました。

不倫はこういった案件のように、最初から嘘をつかれているケースが比較的多くございます。
「夫(妻)とは不仲」と言われて関係を始めたのに、いざパートナーの家族の実態を調査してみるとはたから見ても幸せ家族といった事がございます。
それを知ったうえでどうするのか?依頼を継続するのか、中断するのかについて、我々は無料面談時や実際に調査報告を行う際に何度も確認をさせて頂きます。何故なら依頼人様のお気持ちが第一であり、力任せに夫婦を離婚させることがベストともいえないからです。
実態を知っても「それでも一緒になりたい」と仰る方もいれば、このように中断して別のパートナーを探すといった選択肢を取られる方もいらっしゃいます。

真実を知ることは怖いことです。
不倫ならば特に、今の関係を継続することが幸せかもしれない…と思ってしまう気持ちもあるでしょう。
しかし「本当の幸せとは何か?」と考えた際、今の関係よりも一歩踏み込んで真実を知ることも必要なのです。

 

■慰謝料を取られたくない

不倫関係を長年継続しているが、昨今のネットやニュースなどで改めて不倫を続けることのリスクを目の当たりにし、対策を考えたいということでパートナーと共に相談を頂戴致しました。
関係は継続したいが、やはり慰謝料請求をされるのは嫌なのでそこを何とかしておきたいというご依頼人様の場合、こちらから提案する内容としては、やはり「相手も同じような状況にしておいて請求できないようにする」といった対策がベストとなります。

今回頂戴した内容は、既婚者パートナーの協力も得られた為配偶者の情報はすべてそろっている状態からのスタートとなりました。
行動調査は確認作業に留め、配偶者の好きそうな異性、性格、趣味を徹底的に工作員の頭に入れさせて配偶者をその気にさせていきました。
若干お年をめされている対象であった為、工作員に興味を持ってくれるかが若干心配ではありましたが、工作員の手腕や転機によって対象は興味をもち、4回目の接触で連絡先を交換するに至りました。
その後奥様は工作員と親密度を上げ、夜に子供を実家に預けて出てきてくれることもありました。
こうなると工作員との密会写真を複数回撮ることも容易となり、依頼人様も満足される写真をお渡しすることが出来ました。

「慰謝料を取られたくない」といったケースにおいては、このように相手側にも落ち度を作るのがポピュラーではありますが、相手に「慰謝料を請求したところで何の得にもならない」という誘導を行っていく場合もございます。
ターゲットとなる人物がどういった性格・性質なのかによって来るため、そこの見極めを慎重に行って工作を行うこととなり、プロの腕の見せ所でもあります。

また、その後の話を有利に持っていきたい場合、万が一に備えて慰謝料請求時の流れを確認したいといったご相談もお受けしております。
このケースでは不倫相手の立場である方単独で依頼頂くケースもございます。想定される慰謝料の額と、当社に依頼した場合の金額的な差を検討してご依頼を頂くこともございますので、このケースでご相談される場合には多方面に一旦相談をしてみてから、ご依頼を検討されるのがベストかと思われます。

 

別れさせ工作内容の流れ

お問い合わせでは「工作では何をするのか?」といったご質問を多く頂戴いたします。簡単ではございますが、我々の行っている復縁工作の内容の流れをご紹介させていただきます。

勿論この流れに限ったことではございませんが、我々の活動をイメージして頂き、ご自身の復縁にどう適用されていくのかを想像しながらご覧くださいませ。

<工作事前調査>

ご契約時に頂戴した情報からターゲットの調査を行います。
<調査項目>
自宅環境調査(自宅立地条件・周辺住民など)
行動調査(出退勤調査・外出時立ち回り調査など)
交友関係調査(ターゲットが接触した人物など)
継続性のある行動の確認(同じポイントへの来訪など)
性質調査(食事などの習慣性や購入するものの系統、趣味など)
※これらを2週~3週にかけて調査を行い、工作ポイントの設定、計画、工作員選定を行います。

step02

<工作員の接触>

いよいよ工作員によるターゲットへの接触を開始します。
工作事前調査の結果を踏まえて、まずは印象付けなどを行います。
ターゲットの性質によっては、たとえ別れさせ工作であっても同性工作員にてファーストコンタクトを取る事が御座います。
同性工作員を使用した場合には、まずはパイプ役となり、後に登場する異性工作員が接触し易い様にお膳立てを行います。
基本的には、①の調査で判明した継続性のあるポイントにて接触を図ります。
それは、いきなりターゲットと親密な関係まで持っていくのは難しい為、何度か偶発的に顔を合わせても不自然では無い状況を作らなくてはならないからです。
その為、対象者が習い事をしている、接客業などの仕事をしているという背景があれば活動にはプラス材料となってきます。
ターゲットに対して異性工作員で接触を行った場合、その後は親密度を向上させる手法を用いて行きます。
同性工作員での接触から入った場合には、飲み会や合コンなどを企画して異性工作員に繋げるケースや、同性工作員の友人役として知り合わせるなど、状況に一番適した手法で望みます。

step02

<ターゲットとの親密度の向上>

ターゲットと異性工作員の関係を、短期間で一定の親密度まで上げなくてはなりません。
工作活動の山場の一つとなります。
ここで事前に頂いた情報や事前調査で判明した情報が役に立ちます。
いつも購入している食べ物や飲み物があった場合、工作員も同じ物が好きだという事に出来ます。
またターゲットのお気に入りや頻繁に訪れているショップやお店があれば、その話題などを組み込んでいきます。
また同性工作員などで接触済みのケースには、異性の好みや理想などを事前に聞いておく事によって、よりターゲット好みの対応が可能となり、ターゲットから見た工作員はまさに『理想的な異性』と映ります。
その様な綿密な計画や下準備の下、急速な関係進展を実現させます。

step04

<別れさせへのアプローチ>

別れさせ工作は交際中の男女の関係を別れさせるものとなりますので、ターゲットには必ず交際相手がおります。
その交際相手とターゲットを別れさせるのが最終目的となります。
①~③までの活動経緯から、ターゲットの気持ちがかなりこちら側に傾いてきている様子の場合には、一定期間ターゲットの自由な時間をこちらの工作員で独占する環境を作り、物理的に会わせない様に持って行きます。
また交際相手の状況にもよりますが、ターゲットと工作員がデートしている所を、交際相手に見せてしまうという形も御座います。
後々の証拠としてプリクラや写メなども事前に撮っておきます。
またターゲットが工作員に携帯電話を見られてもおかしくない状況を作っておきます。
(ターゲットが部屋でトイレに行っている時、シャワーを浴びている時など)
※この段階で成功してしまうケースも御座いますが、中には執着してくる交際相手もおります。

step05

<別れさせへのダメ押し>

交際相手に工作員の存在が伝わってもなかなか別れない場合には、交際相手に対して直接工作員がメールなどをする事も御座います。
事前にターゲットの携帯電話を見て交際相手の存在を知っていた、連絡先をメモっておいたという状況とします。
メール内容はターゲットと自分の関係や事前に撮った写メなどを送ります。
※流石にこの段階で成功するケースが殆どですが、稀にまだ執着してくる場合が御座います。

<別れさせの完結>

ここまで来てしまうと単に愛情がある訳ではなく、交際相手の心の問題となっております。
その為、交際相手に対しても工作員を接触させる事が御座います。
ターゲットよりも魅力的な異性工作員を接触させます。
暗く落ち込んだ気持ちを明るくさせる様に工作員は努めます。そしてターゲットとの状況を聞きだす事が出来た場合、別れた方が良いよというアドバイスをする事も御座いますが、逆に頑張りなよと応援する事も御座います。
すると交際相手は工作員を心の支えとして色んな事を相談して来る様になり、そのまま仲が進展すんる場合も有りますが、会って相談している状況(第三者からはデートにしか見えない)をターゲットに見せてしまうというトドメをさします。

<活動終了後のフォロー>

①~⑥の活動にて別れさせが成功しました。
しかしすぐに工作員が居なくなってしまったら元サヤに戻ってしまう危険が御座います。
その為、完全なる別れを実現させるべく、暫くは工作員が継続してターゲットと接触を行います。
ターゲットのタイプにもよりますが、およそ半年位を目安に徐々にフェイドアウトして行きます。
しかし、もしもこのカップルが再び復縁してしまった場合、成功報酬をお返しする制度“復縁防止保障”を設けております。

 

別れさせ工作では、別れさせたい二人のどちらか一方に別れさせ屋工作員を接触させ、別れさせます。その際、特に依頼者様からのご要望が無い場合には、別れさせ工作員を接触させて最も効果が期待できる方を選び、別れさせ屋工作員を接触させます。しかし、御依頼者様によっては、「パートナーにこれ以上異性を近付けたくない!」という方もいらっしゃいます。そのような場合には御依頼者様のお気持ちを重視し、パートナーの浮気相手(不倫相手)に異性の別れさせ工作員を接触させるシナリオを作成致します。

また、復縁工作の場合は基本的にターゲットに同性の復縁工作員が近づきます。接触の流れはあらゆる情報を分析した上で決定しますので、高確率での成功をお約束いたします。そして、
ある程度の時間をかけ、信頼関係を築き心理的な工作を施します。ポイントとしては、ターゲットにどれだけ信頼されるかです。実績を積んだ工作員は、最終的な仕上げに入る時期を慎重に見極めます。更に担当者とのミーティングの上で最終段階へ入ります。

別れさせのプロとして

別れさせ屋1stグループは全国に無料相談室を設け、彼氏が浮気をしているから、妻が離婚したいがどうやら不倫が関わっていそうだとご相談頂く方に向けて、男女問題を円滑に解決し、望まれるような状態に戻す作業をご提供して参りました。

浮気や不倫、それだけではなく男女トラブルは様々ございます、1stグループだからこそ経験を活かしてご相談者様にあった対策方法を無料にてご提案します。
多くの同じ様な会社の中から弊社を選んで頂いた御依頼者様の信頼を裏切ることの無いよう、工作員の教育を徹底し、長年多くの方々に高くご評価頂いている工作技術の更なる向上を目指し、日々精進を心得ております。

また、徹底した秘密厳守を必ずお約束致します。
1stグループでは社員1人1人に御依頼者様の秘密厳守を徹底して指導しております。
この情報が他に漏れると、情報を元に脅される危険性さえあります。
徹底した顧客管理と徹底した社員教育が秘密厳守につながります。
好きな人と一緒にいたいという願いを叶えるのは、行き当たりばったりのプランや、素人程度の工作技術ではありません。
本当のプロフェッショナルが責任ある立場で動いて初めて生み出せる可能性なのです。
工作の方法は沢山ございますが、どれが適切なものなのか考える提案力も勿論大切です。

1stグループは、これまでに工作を依頼された、あらゆる御依頼者様のご支持を頂き今に至ります。

適任者の選出

工作員の選出は、情報収集と同じくらい慎重且つ丁寧に行い、案件に最もふさわしいと思われる工作員をピックアップします。
選出後、更に担当者との入念なミーティングが繰り返され、工作員はシナリオを頭に叩き込みます。

工作員による接触の流れは上記の通り、あらゆる情報を分析した上で決定しますので、高確率での成功をお約束いたします。
そしてある程度の時間をかけ、信頼関係を築き心理的な工作を施します。

ポイントとしては、ターゲットにどれだけ信頼されるかです。
実績を積んだ工作員は、最終的な仕上げに入る時期を慎重に見極め、担当者とのミーティングの上で最終段階へ入ります。

案件に最適なスタッフを起用

弊社の工作は、特に優れた工作技術を誇る精鋭の工作員を起用します。
そして、工作任務に専念させる事により、別れさせ工作の成功率は格段に上がります。
弊社の高い成功率は主に、携わるスタッフの人選によるものです。
意外かも知れませんが、適材適所という事柄はどんな所でも、とても重要なのです。

弊社の工作員においては、大きく分けて、 異性との接触を専門とする工作員や、 同性との接触を専門とする工作員がおります。
それにより、最も適した任務を担う事で、その個人の持つ才力が最大限に引き出せます。

充実の研修制度でプロを育成

弊社では、新規工作員採用の際には充実した研修制度を設け、当社ならではの工作技術を伝授致しております。 1stグループでは全ての工作員が『1stグループのスタッフである』という誇りと自覚を持つことにより、 任務遂行への強い責任感を常に抱いております。
携わるスタッフひとりひとりの心構えと自信が全ての御依頼者様の幸せへ繋がる事と信じております。
本気で工作の依頼をお考えの方は、 1stグループの『恋愛工作』で、プロの技術を実感してください。

以上が1stグループの復縁工作部が自信を持ってお伝えできる『工作の特徴』であり、量と質を兼ね備えた環境を心がけて社員育成に力を入れております。
1stグループでは、工作員の一人一人に、基本的なマニュアルから、工作の技術を徹底教育しております。
秘密厳守や基礎知識は勿論のこと、心理誘導術、話術等、あらゆるテクニックをマスターし、 更に特殊工作員としての自覚を身につけた者だけが現場へ出ております。
業界でもこれだけの有能な工作員を揃えている業者は殆ど無いはずです。

別れさせ工作の成功率

当然お取り扱いするものが人間となりまして、さらにそれと関わる人間が絡むことですので、築いたもの・状態・性格・価値観・等に左右されますから、全く同じ条件というものがないので、数字でご相談者さまのケースに対して申し上げることは難しいものです。

また他社が謳うような、100%、99%、9割という数字はまず有り得ないものでしょう。
中には「別れさせた男女で再度復縁した男女は0」と言っているところもありますが、その確認作業を永遠にしているわけもないので決してそのように言い切ることは出来ません。

こんな事を申し上げると混乱されるかもしれませんが、裏づけのない数字を信用されるべきではありません。

それよりも、ご相談者さまご自身が勝負しても良いなと納得・想像が出来るだけの相談員の提案力・プラン立て、会社形態や報告頻度や内容、ご契約書等などを持ち合わせた会社にご依頼をされてください。
※弊社以外にも良い会社はございます。社名を申し上げられないのは、推薦した・しなかったというのが他業者間の中で問題になるからです。

まずはホームページを隅々まで読まれてください。
殆どの方が初めて接するサービスですし、Q&Aの充実や基本項目説明、会社所在地や代表者、約束ごとなどの充実差を把握し、その上で良いなと思えた所に相談します。

経験の浅いところは質問事項も乏しかったり、質問だけしても何も具体的な見解を述べなかったりします。
ご相談者さまが話しをされて、どれだけ工作の内容を具体的に描けるのかを基準とされてください。

そこでは間違っても「他の会社ではこんなプランを勧められたんですけど・・・」などと申されないことです。
その会社が何を質問し、どこに着目し、どんなプランを立てるのかをご自身の目と耳で確認されることが最重要です。

弊社では、弊社に頼られるお客様以外の方からのご相談も快くお受けしております。

「この会社はこんなことを提案してきたけれど、、、」

「この会社のここがちょっと疑問で、、、」

とお気軽にお問い合わせくださいませ。
業界全体の質の向上と信頼を得ることに全力で向き合っていきたいと考えております。

別れさせ屋 お請け出来ない業務

当社では以下に該当する違法な業務は一切お受けしておりません。
ご了承下さいませ。

●「辞職工作」「えん罪工作」など、人に社会的不利益を与える業務

●盗聴、盗撮、ストーキング、名誉毀損となる業務

●通信の秘密を暴く業務(携帯電話のパスワード解析などを含む)

●許可なく盗聴器、位置情報発信器などを取り付ける業務

●犯罪行為を助長、幇助する業務

●その他違法な業務

別れさせ業者の選び方 10のポイント

1.会社の謄本をキチンと取ることが出来る
2.代表がHPに顔を出している
3.他社のネガティブキャンペーンをしていない
4.対応社員の人柄が良く、ちゃんとした相談室を設けている
5.明確な費用が設定されており、見積りに対する説明も丁寧に行う
6.設定料金が不自然に安すぎたりせず、妥当な金額である
7.実績があり、調査能力も高い
8.契約書・誓約書の読み合わせや取り交わしをきちんと行ってくれる
9.個人情報保護法など、プライバシー保全を徹底している
10.カウンセラーが常駐し、アフターケアも全力で取り組む

別れさせ紹介動画

当社別れさせを動画でご紹介。

その他にも当社は多くのTV番組から取材も受けております。

 

 

ご相談からご依頼までの流れ

<お問い合わせ>

フリーダイヤルまたはメールフォームにてお受けしております。

相談員が親身にお悩みをお伺いさせていただき、対処法があればすぐにその場でお答え致します。話したい、相談だけしたいという場合でもどうぞお気軽にお問い合わせください。

工作の具体的な内容・手法や実際のお見積りについては無料面談にてご案内させて頂いておりますが、お話をお伺いして大まかな方法や方向性については、こちらのフリーダイヤルかメールにてご相談いただくことが可能です。

また無料面談のご予約、日程調整もさせていただきますのでお気軽にご相談いただければと思います。

※当日のご面談予約については調整要となり、また日程によっては対応が難しくなるケースも御座いますので、お早目のご予約を頂ければと思います。

※当社の問い合わせ窓口は成人以上の方を対象とさせて頂いております。

step02

<ご面談・お見積り>

面談専門スタッフとの対面式でのご面談となります。

当社の相談室は全国主要都市に設けてございますので、最寄の相談室でのご対応となります。ご希望の場合には、出張面談にも対応しております。

現在の状況をお伺いし、精査させて頂いたうえでプランニングを行い、今後の流れや動きについてのアドバイスをさせて頂き、同時に正式なお見積りをご提案させて頂きます。

※ご面談・お見積りは無料で対応しておりますので、お気軽にご利用ください。

step02

<ご契約>

ご説明にご納得頂ければ、ご契約を行っていただきます。

ご依頼については契約書を交わし、読み合わせとご確認を行っていただいたうえでご契約となります。無理なご契約を迫ったり致しませんのでご安心下さい。あくまでも依頼者様の意向に沿いご契約を結びます。

またこのタイミングで活動開始日の設定をさせて頂きます。可能な限りご希望に沿えるよう調整を行いますが、他の案件との兼ね合いでどうしてもご対応しかねる場合もございます。開始日についてご希望がある場合には、STEP2にて対応させて頂きます面談員に事前にご相談いただくと安心です。

またご依頼後の注意点などもご説明させていただきます。

ご不安がある場合には、遠慮なくお申しつけ下さい。

step04

<工作>

ご依頼後、担当者や工作員が選出されていきます。実際に事前調査で確認し、今後のスケジュールが組まれてまいります。

当社では工作を依頼者の方と常に連絡を取り合い二人三脚で進めて参りますので、ご報告や綿密な打ち合わせなど、その都度ご依頼者様と綿密に連絡を取らせて頂くこととなります。

流動的な「人間」を対象とするものとなりますので、最初に決めたスケジュールとは違った流れになる事もしばしばございます。そうした際には詳細をキチンとご説明させていただき、今後の流れについてを改めてご相談しあうこともございますので、ご協力をお願いいたします。

また当社では余計な実働をして、後から追加分を請求することはございませんのでご安心ください。

step05

<アフターケア>

当社ではアフターケアとして今後の人生についてお話を聞き、解決に向け最善の対策をご提案させていただいております。

その時の案件を解決する以上に、復縁についてはその後のお相手との関係性のほうが重要です。必要に応じて当社カウンセラーのサポートなども行っております。

工作のアフターケアについてもご安心ください。ターゲットの前から突然工作員が消える事はございません。工作員は徐々にターゲットからフェードアウトして行くこととなりますので、不自然な流れは一切ございませんのでご安心ください。

 

お問い合わせを頂いてから長い時間を当社スタッフと共有していく事となりますので、信頼関係が第一となります。不安に思う事やお相手との関係をよりよくするためにはどうすれば良いのかなど、ご相談者様・ご依頼者様自身が感じる事をお気軽にご相談いただければと思います。

お問い合わせ